お金がない時に助けてくれる金融機関を紹介しています。

お金がない!!助けてくれる金融機関はココ!!

12月 12th, 2014 at 3:42 AM

ブランド物の洋服をお買いとってもらった話

in: 未分類

半年ほど前に米ファッションブランドAbercrombie&Fitchの白のトラックジャケットを買い取ってもらいました。
Abercrombie&Fitch(アバクロンビーアンドフィッチ)はアメリカのファッションブランドで、1892年創業という長い歴史を持つファッションブランドです。
いかにもアメリカ男性的といえる、タフなものづくりをしています。

その商品は数年前に購入しましたが、結局あまり着ることもなかったためにそのまま持っていてももったいないと考えて買い取ってもらうことにしました。
自分であまり着ない服というものはタンスのこやしになってしまいますが、それをどこかに売りに出すことで、また誰かに着てもらえると考えるとうれしいものです。

最初は、家の近くにある総合リサイクルショップに持ち込みました。
しかし、私が持ち込んだブランド商品については本物であるかの確認を明確にとることができないために買取りは不可能との判断を下されてしまいました。

ちなみに当然ではありますが私自身は本物ということをわかっていました。
私が購入したときはネットオークションでしたが、正規店購入のレシートと商品タグの通し番号が一致していたなどで確認をとっていました。

次に、家から少し離れたところにあるファッション系の商品を多く扱うリサイクルショップに持ち込みをしました。
そちらでは無事に本物であるということの確認もとってもらうことができ、およそ2000円で買い取ってもらうことができました。

最近ではルブタンのヒールを買取ってもらいました。ネットでルブタン買取で調べてみると専門で買取ってくれる業者を見つけたのでそちらで・・・参照:http://www.louboutinkaitori.com/

私が思うに、やはり商品を買い取るリサイクルショップなどの人もこのような本物であるかどうかの確認をとらなければならない商品については難しいのでしょう。

 

comments Comments (0)    -
12月 6th, 2014 at 4:01 AM

キャッシングやカードローンは必要である

in: 未分類

私は、借金が嫌いです。そのため、キャッシングやカードローンに対してのイメージは良いものはありません。お金を高い利息で貸してもらうという、どこか悪徳なイメージが強いです。利息ばかり返済していき、なかなか元金が減っていかない、そういったマイナス面ばかりが思い浮かんでしまいます。
しかし、完全になくしてしまわなければいけないものとは考えていません。なぜなら、誰にだって突然お金が必要になる場合があるからです。いくらたくさん銀行へ貯金をしていても、いざ必要となったときに、手元になければ意味がないものです。お金が必要になる時間が、早ければ早いほど、すぐにそのお金を用意しなくてはならないのです。こういった緊急時に、すぐにお金を借りることの出来る、キャッシングやカードローンは必要となります。
また、カードローンは銀行などで、残高が不足したために引き落としができなかったといったときに、自動で貸し付けてくれるなどとても便利な機能も持っています。
このように、とても便利に思えるキャッシングやカードローンですが、計画性のない人には決して向かないものだとも言えます。そもそも、お金を銀行などに預けたときの利息に比べて、お金を借りたときの金利は高いです。つまり、借りた金額以上のものを返していく必要があるからです。ついつい今月使いすぎてしまって、生活していけれないからといって、簡単な気持ちでキャッシングに頼ってしまう人は、計画性がないと言えます。借りたものを、返していくためにまた他で借りてしまうといったような、自転車操業的なものになる可能性が高いです。計画性のある人は、キャッシングなどに頼らず、使えるお金を自分でまず管理するところから始めます。
今は、主婦など働いていなくても、配偶者などの収入によって簡単に借りれるようになりました。配偶者に知らせることなく、お金を借りていると言う事を黙っている人もいます。そういった時は、後で発覚したときに大変なことになります。
良い面と悪い面と併せ持つキャッシングやカードローンです。使い方によっては必要になることもあるので、必ずしも悪いとは言えません。

 

comments Comments (0)    -